新村デザイン事務所 (Shinmura Design Office)

粧美堂 (SHOBIDO)

2020

粧美堂は、70周年を記念してCIを導入しました。古代より美や愛情の象徴として世界中に愛された薔薇は、平安時代から「薔薇」という漢字があてられ「しょうび」と読まれました。世界中に愛される雑貨をめざす粧美堂のコーポレートマークとして、その「薔薇(しょうび)」をモチーフにデザインしました。通常の薔薇の花びらは曲線で幾十にも重なっているのですが、五角形の直線で表現することで、先達たちが培い遺してくれた「変化する種」を体現するとともに、将来に向けた「シャープな思考」と「美しい商品」を表現しました。またマークが小さくなった時にも十分な視認性があるように、できるだけシンプルに薔薇を再現しました。コーポレートカラーは、薔薇の華やかさと甘美さを残しながら、マークとして印象強くなるように、PANTONE Rubine Red(強いピンク)を使用しました。70周年を迎え、さらなる発展を遂げる粧美堂のコーポレートマークとして、いつまでも輝き続けてほしいと思います。

Art Director : Norito Shinmura
Designer : Kosuke Niwano